【3泊4日・石垣島】4日目最終日・フライト前にフラッと竹富島へ

Reading Time: about 7 min.

石垣島4日目、旅行最終日です。

今回の旅行中、せっかく八重山諸島にいるのに石垣島にしか行けてなかったので、フライトまでの時間に竹富島に行くことを前日に決めていました。その話を前日ほぼ1日中一緒だったドイツ人男性に話すと、僕も一緒に行っていい?と言うので、その彼とは竹富島観光も一緒にすることに。

一緒にシュノーケリングツアーに参加した女性2人組が竹富島は本当にすぐだし、小さな島なので2時間ぐらいで見て周れると言っていたのもあって、午前中行けば十分かな?と思っていたのですが、それはちょっぴり失敗でした。

スポンサーリンク

竹富島へのフェリー

竹富島やその他の離島へは市街地すぐの離島ターミナルから出ています。前日のガイドさんが「竹富島に行って水牛車に乗るなら、フェリーとセットでチケットを買ったほうがお得」と教えてくれたので、そうすることに。

離島ターミナルのカウンターで、竹富島に行きたい、水牛車にも乗りたい旨を伝えると、乗るフェリーの時間を確認してくれ、そのフェリーで到着後にすぐに乗れる水牛車の予約もその場でしてくれました。

こちらはモウモウコースというフェリー往復と水牛車観光のセットチケットで、2400円。フェリー片道690円、水牛車1200円なので、セットチケットで180円お得になりました。

 

そして早速フェリーに乗り込み、ターミナルに向かう前に買い込んだサンドイッチなどの朝食をフェリー内でほおばりました。が、全部食べきれずに竹富島へ到着。そのぐらい竹富島は近かったです。所要時間10分ぐらい。

水牛車観光

竹富島に着いてすぐ、ターミナルカウンターのお姉さんが言っていたバスを探します。水牛車やレンタサイクル、ダイビングなどを申し込んでいる方は、その各ツアー会社が港から体験場所まで送迎してくれるようです。空いていればそのバス乗り場でも申し込めるような感じでした。

今回私たちがお世話になったのは新田観光さん。水牛車の他にレンタサイクルもやっています。

乗り場に到着して受付を済ますと、記念に新田観光さんオリジナルのポストカードを頂きました。旅行に行くと自分へのお土産にフリッジマグネットかポストカードを買うのが好きなので、これが地味に嬉しくて、結局今回の旅行ではマグネットもポストカードも買いませんでした。

少し待って呼ばれた順に水牛車に乗り込みます。

私たちが乗ったのはおじいちゃまガイドさんで、のんびりゆったり楽しく面白おかしく色々と紹介してくれ、そののんびりゆったりなテンションとボリュームのまま「はい、行くよー」ぐらいの軽い声がけだけで歩き出す水牛。また声をかけると止まり、細い曲がり角も上手く曲がって、”慣れているから”だけではない頭の良さを感じました。いや、本当にすごい。

そしてガイドさんは三線を片手に民謡を歌ってもくれます。この民謡のメロディが頭に残って、ドイツ人男性と二人してしばらく頭の中をこの民謡に占領されてました。笑

約30分ほどの観光を終えると、案内してくれた水牛と記念撮影。もうだいぶ時間が経ってしまったので、彼女の名前忘れちゃった…。

 

ぶらり竹富島散歩

水牛車を降りてからは、雨なのでレンタサイクルもせずプラプラとお散歩。

水牛車乗り場から歩いてすぐに見つけた十二支の石。

高台から見渡すと、この島ののんびりとした雰囲気がすごく感じられました。

あまり見たことのない植物に出会ったり、

至る所にいるシーサーやキムサーにほっこりしたり。

雨がゆえに難易度の高い道を歩いたり。笑

ちなみにこの白い砂はサンゴの白砂で、わざわざ海岸から運んできているそう。雨の日以外は毎朝竹ぼうきで掃き清めるのが必須だそうです。

 

そうこうお散歩しながら、水牛車のガイドさんが紹介してくれた話を覚えている限り、説明出来る限り、ドイツ人男性に英訳。…出来るほどの英語力はないので、カタコトにどうにか伝えてました。苦笑

竹富島のお店

ぐるぐる歩いて周っていたけれど、出来るならどこかでお茶でもしたかったのですが、残念ながらどのお店もまだオープン前。

気遣って開けてくれた雑貨屋さんのお姉さんに聞いたところ、「どこのお店もきちんとしたオープン時間はないかも?でも大体11時頃に開く」とのこと。

11時過ぎのフェリーで石垣島に戻ろうとしている私たちは、結局そのお店しか見れませんでした…。あぁ残念。

 

石垣島に戻ってフライト

水牛車乗り場ではあらかじめ帰りの送迎バスの予約をしていたので、水牛車乗り場に戻ってバスで港へ。行きは気づかなかったけれど、港から石垣島が見えてるんですね。本当に近い。

そしてフェリーで石垣島に戻って、私はユーグレナモールにお土産を買いに、ドイツ人男性はお昼寝をしに宿に戻るというので、モールの近くでバイバイ。

1日半ほぼずっと一緒に過ごしていたので、お別れは結構寂しかったです。また会えるといいな。

お土産を買って、預かってもらっていた荷物を宿にピックアップしに行って、バスターミナルへ。ここで元ハウスメイトとも合流をしてバスで空港へ。

帰りのフライトでは赤く染まった夕暮れの空にほんのり富士山が見えて、とても美しかったです。

そんなこんな3泊4日の石垣島旅行でした。

 

あ!!そういえば前日のガイドさんが教えてくれたお祈りシーサー(お願いシーサー)を探すのをすっかり忘れてた!!ショック!

コメント