石垣島ゆんたく宿・3匹の兄弟ねこのいるゲストハウスHoloholo

Reading Time: about 7 min.

今年の年越しは石垣島へ行っていました。その石垣島旅行で宿に選んだのはこのゆんたくルームのあるguest house Holoholo。ロケーション、部屋タイプ、価格、評判…などのトータルバランスと、ゆんたくルームがあるという点でこちらに決めました。ゆんたくルームって何?って、沖縄に明るくない人は謎に思いますよね?

「ゆんたく」とは沖縄の言葉で「おしゃべり」の意味。私の解釈ですが、ゆんたくルームとはより交流を大事にしているみんなが集うリビングルームなんだと思います。

スポンサーリンク

ロケーション

まず宿を決めるときに絶対外せない条件がロケーション。こちらの宿は市街地にあり、石垣島ユーグレナモールまで2分ぐらい。バスターミナルや離島ターミナルまでも5〜8分ぐらいで、石垣島を始めとした八重山諸島観光の拠点とするのにとても便利なロケーションです。しかも目の前にはファミリーマート。これ、実は地味にありがたかった。(沖縄ならでは?ファミマオリジナルのさんぴん茶も売っていました)

 

部屋

部屋はゲストハウスやホステルにしてはちょっと珍しい個室。ドミトリーでも良かったのだけれど、個室で1泊素泊まり2500円(税抜)ならまぁ悪くない。複数人で泊まるときも広めの個室を使用するようで、グループで1部屋専有出来るみたいでした。実際、お友達同士のグループや家族連れのグループもいました。


私が泊まったシングルのお部屋はこちら。チェックアウト直前に撮ったのでチェックインした時はもっと布団が綺麗に整えられていたのですが…。汗

はい、狭いです。爆
でも正直十分。だってこのお部屋でした事、メイク、着替え、寝る、のみ。シャワールームも洗面台もお手洗いも共有で、寝るまでの時間もゆんたくルームで過ごしていたので、本当にそれだけしかしてない。この広さでも個室で部屋に鍵がかけられる。それだけで安宿としては割と贅沢な部類。

 

ただ1つだけ気になったのは音。ゲストハウス内はオーナーさんが自身でリノベーションした内装。また各部屋にエアコンの設置はない(大きめな部屋はエアコンがあるようです)ので、空気が回るようになのか、各部屋の壁に天井から10cmほど隙間が空いているんです。お陰でお隣さんの話し声が丸聞こえ。

運悪くお友達同士のグループが深夜に少し揉め始めて、話の内容も丸分かりなぐらいに丸聞こえ。お陰で何度も目を覚ましてしまいました…。個室で他が見えないからこそ、つい声を荒げてしまったのでしょうね。

ちなみにオーナーさんにその話をしたら「そういう時は壁殴っていいよ。でも壊さん程度にね」との事でした。笑

あと少しベッドが硬め。でもそれはきっと好みなんだと思います。
それ以外は本当文句なし!

 

共用部

先にも書いたようにシャワールーム、洗面台、お手洗い、ゆんたくルーム、それからキッチンが共用。

  • シャワールーム(男女各1ブース・シャンプー/リンス/ボディシャンプー有)
  • 洗面台(3つ・ドライヤー2台・洗濯機(無料)/洗剤(無料)有)
  • お手洗い(男用1、女用2)
  • ゆんたくルーム(冷蔵庫有・さんぴん茶のフリードリンク有)
  • キッチン(調理器具/調味料/食器 有)

色んなホステルやゲストハウスに宿泊したことがあるけれど、このゲストハウスはなかなか充実していると思います。シャワーブースとお手洗いが少ないかな?とも思うけれど、私が利用する時に待つ事はありませんでした。

なお、シャワーや洗濯機は音の配慮を考えて、7:00-23:00までが使用可能時間でした。

 

ゆんたくルーム

チェックインするとまずスタッフさんが館内設備などの案内をしてくれます。その時に2階(4階なので実際は5階)にあるこのゆんたくルームも案内してくれました。このゆんたくルーム、宿泊者だけでなくスタッフやオーナーの皆さんが集まるので、3泊して3夜とも顔を出したけれど、必ず誰かがいてゆんたく(おしゃべり)を楽しむことが出来て、半ひとり旅(苦笑・詳しい事情はこちらを参照)の私はお陰でこの旅行をとても楽しめました。

スタッフの方が最初に案内してくれた時もそのままそのスタッフさんと30分ぐらいおしゃべりしてしまったぐらい皆さんとても気さくですし、ゆんたくしながら現地の色々な情報などを教えてもらえるので、教えてもらった情報を元に行く場所を決めたり出来てとてもありがたかったです。

しかも私が行った時にいらっしゃったスタッフさんの一人はオプショナルツアーの仕事もされている方で、その方のお陰で旅行中、無理かな?と思っていたシュノーケリングも楽しむことが出来ました。

今までもリビングルームのある宿に泊まった事は何度もあるけれど、ここまでその場にいるみんなと交流した事はなかったように思います。国内でリビングルームがある宿が初めてだからかもしれないですが…。

そう、私このゆんたくがしたくてこのゲストハウスにしたんです!このゆんたくルームが決めてだったんです!

他にもドミトリーだけどロケーションも良くてより安い宿もあってそちらと悩んだのですが、きっとHoloholoさんにしていなかったら石垣島の印象がこんなに良い印象として残っていなかったと思います。そのぐらいこのゆんたくルームと沖縄のゆんたく文化に惚れました。

なお、ゆんたくルームからテラスに出れるのですが、写真を見る限りこのテラスも広くてとってもお洒落。けれどもずっと雨だったので、私がテラスに出たのは年越しの瞬間だけ。涙
残念…。

 

3匹の兄弟ねこ

タイトルにも書いていますが、このゲストハウスには3匹の兄弟ねこ(てびち・もずく・きび)がいるんです。ゆんたくルームでのほほんと過ごしてます。ねこ好きにはこんなところもたまらない宿です。

 

この猫ちゃんたちにも滞在中、だいぶ癒してもらいました。その愛らしい姿でゆんたくルームに集まった旅行者たちの緊張を解いて、それぞれが交流するきっかけをくれる役目も担ってくれているようでした。

今回は残念ながらずっとお天気が優れなかったので、そのうちまた石垣島にリベンジしに行こうと思っています。その時も私はきっとまたHoloholoさんを宿に選ぶでしょう。そのぐらい思い出深いゲストハウスでした。

コメント

  1. […] 石垣島ゆんたく宿・3匹の兄弟ねこのいるゲストハウスHoloholo […]