地味だけど良い仕事してくれる!レインシューズカバーのススメ

Reading Time: about 5 min.

梅雨ですね…。

雨、嫌いなわけではないのですが、あまり好きでもありません。来年には雨の多いアイルランドに行こうとしているのにそれで良いのか、私。汗

でも最近購入したアイテムが、雨の不快さ、特に通勤時の不快さを軽減してくれたので紹介します。

雨の中でも嫌なのが、傘を持ち歩くことと、靴の中まで雨が浸みてしまうこと。

使っているときに傘を持ち歩くのはもちろんいいのですが、屋内にいる時や雨が止んだ時などの使っていない時にも持ち歩かなくてはいけないのが嫌なんです。雨が止んでいるのに通常の傘を持ち歩くなんて邪魔だし、高確率で電車の中やどこかの公衆トイレ等に置き忘れます。苦笑

なので、1日中雨でしかも雨足が強い場合以外はほぼ折りたたみ傘を使用しています。

 

折り畳み傘は通常の傘よりも直径が小さいので、多少バッグや洋服が濡れやすいですが、持ち歩かなくてはいけない不便さに比べれば多少濡れることは気になりません。

けれど折り畳み傘はもちろん、通常の傘でも防げないのが靴の中まで雨が浸みてしまう事。防水スプレーをしっかりしておけば結構防げますが、雨が降るたびにスプレーをしておくのは経済的でないのと、私の場合、単純にスプレーし忘れます。苦笑

多くの人は長靴や防水仕様のレインシューズを履く事で対策しているのだと思いますが、仕事で使用出来る靴のデザインが決まっている、職場に荷物を置いておけない、仕事の現場が日々変わる、こういう私のような人の場合、長靴などを履いて行くなら仕事用の靴も持参しなくてはいけなくなります。

そんな雨の日の不快を少しでも軽減出来たらなと漠然と思っていたところ、ネットサーフィンをしていて偶然レインシューズカバーというものがあるのを知りました。

いえ、正確には知っていたのですが、もっとダサくて持ち歩きしにくそうなイメージだったんです。でも今回見つけたのはシリコンで出来たシューズカバーで、持ち歩きも装着も簡単そう!しかも安い!

そんなわけで早速ポチり。確か1,000円もしないで購入したと思います。

こんなポーチ付きで届きました。ただ。このポーチ、パウチ穴が開けられてます。え、濡れたカバーを入れたら水漏れてくるのでは…?と思いましたが、そんな心配いりませんでした。

だってこのシューズカバー、速攻乾く!

乾くというか、浸みないので軽く拭けばいいかなと思っていたけれど、拭く必要もなく仕事場着いて、さぁカバーを脱ごうという時にはもうすでに濡れてないんです。脱いですぐ半分に折りたたんでポーチに仕舞えばOK。

私が購入したものはサイズが大体22cm〜24.5cmぐらいがMサイズとの事だったので、Mサイズを購入。私は22.5cmを履いているので、頑張って伸ばさなくとも割とすんなり靴の上から履けます。

ボリュームのあるスニーカーだと少し履くのが大変かもしれません。あと、パンプスなどのヒールのある靴などはNGのようです。

履くとこんな感じです。足先側に少しシワが寄りますが、ずっと履いているわけではないので私は気になりません。

裏面はこんな感じで、滑り止めのようになっていますが、金属系の地面(マンホールやグレーチング(排水溝の蓋))などの上ではめちゃめちゃ滑ります!そこだけは要注意です。

 

ちなみに友人にこのレインシューズカバーの話をしたところ、「ムレない?」と聞かれましたが、他のレインシューズと一緒の感覚です。レインシューズはそのままムレた状態で過ごさなくちゃいけないかもしれませんが、レインシューズカバーだと多少ムレたとしてもその後カバーを外した状態で過ごせるので、問題なし。

そして私は今のところ大してムレは感じてません。

 

靴の上からサッと履いておけば雨は全く浸みないし、雨の中以外では脱いでおけるのでムレないし、すぐに乾くから仕舞うのも簡単。それにシリコンなのでお手入れもラク。

マンホールの上などでめちゃめちゃ滑りやすいという点を除けば、本当に1足あると便利だと思います。

 

コメント