A.L.Iのキャリーケースを無償修理してもらいました

Reading Time: about 11 min.

 

仕事道具が多いので、日々キャリーケースを愛用しています。多くて週5、少なくても週1ぐらいは使ってると思います。

そんなわけでキャリー、壊れます。爆

前置きが長いので、アジア・ラゲージ(A.L.I)の修理について知りたい方は「初めて修理に出した」に飛んでください。

スポンサーリンク

今のキャリーに辿り着くまで

今のキャリーは2年半ほど愛用していますが、それまでのキャリーは数千円の安いものを使っていたので、だいたい1年ぐらいで壊れてました。そして安物なので直して使うよりも新しいのを買ったほうが安上がりだったりするので、壊れるたびに新しいのを買って、今の仕事に就いて6年目の時に5代目の今のキャリーを使い始めました。

ちなみに今はこの仕事9年目。

 

そう、年1ぐらいで壊れて買い替えをしていたのに、今のキャリーに変えてから2年半以上も使えてるのです。素晴らしい!

 

それというのも、しっかり選んだから。そしてそれなりの額を出したから。爆

キャリーで壊れる箇所、一番はダントツでキャスター(タイヤ)です。

 

と言うか私の場合、キャスター以外が壊れたことはありません。旅行で利用する人は空港で雑に扱われて割れたとかあるみたいですが、私は今まで他はまだまだ使えるのにキャスターが壊れたからと、勿体無いなと思いつつも処分して来ました。

だいぶ昔にキャリーを友人に借りて旅行に行ったら、その時もキャスターが壊れてしまって、修理に送料など合わせて7,000円ほどかかってしまった事があったので、修理に出すより全取っ替えの方がコスパが良いと思っていたからです。

ただ、ネットを見ているとツワモノな方々はご自身でキャスター修理されているようですね。私の使用頻度だと自前修理ではまたすぐに壊れるのが目に見えているので、チャレンジすらした事がありません…。

 

でもいい加減、”壊れる→買い直す→古いのを粗大ゴミに出す”を年1のサイクルでするのに疲れました。ちょっといい値がしてももっと丈夫で長持ちするものにしたい!そう思って、ネットや店頭、仕事仲間から情報を得て、今のキャリー、アジア・ラゲージさんの「Departure」シリーズのファスナータイプを購入したのが2016年6月。

 

Departureファスナータイプに決めた理由

アジア・ラゲージ(A.L.I)さんの「Departure」シリーズのファスナータイプに決めた理由はこちら。

  • キャスターがものすごくスムーズ
  • ファスナータイプ
  • TSAロック対応・ダイヤル式
  • そんなに高くない
  • 10年間無償修理保証対象

キャスターがものすごくスムーズ

まずキャスターのスムーズさで体感重量が全く違うので、とにかくキャスターがスムーズな事を重要視して選びました。色々なキャリーを転がしましたが、このシリーズはものすごくスムーズです。スムーズ過ぎてたまに電車の中で転がってしまったり、下り坂で転がり過ぎてしまうのが玉に瑕。でもその分、キャスターの転がる音も静かです。(今は少し値段が上がってストッパー付きになっています)

ファスナータイプ

ソフトかハードかは割とどちらでも良かったのですが、ファスナーかフレームかで言えば断然ファスナータイプ希望でした。と言うのも、割と無理やり閉めることも多いから。苦笑 あと、軽いから。

TSAロック対応・ダイヤル式

TSAロックに関しては今時どのキャリーも対応しているとは思うので、こちらもあまり気にせずだったのですが、鍵を別途持ち歩くのは煩わしいので、ダイヤル式なのは楽チンだなと。

そんなに高くない

値段も59Lタイプで32,400円(税込)と今まで私が購入していたキャリーよりはずっと高いけれど、Rimowaやサムソナイトなどの有名ブランドに比べれば半額ぐらい。(シリーズにもよりますが)

でもそれに負けず劣らずだと使っていて思います。(どちらも使ったことはないですが、仕事仲間が使っていて壊れていたり、使いづらいと愚痴っているのを聞いた事があるので)

10年間無償修理保証対象

そして!”10年間無償修理保証“!!

これがですね、使用期間が長くなって来た今、とてもありがたいことだったんです。ランニングコストという面を考えれば、この保障がどうかがすごく大事なんだなと愛用していて分かりました。

 

ちなみに下記がそのキャリーの新型ストッパー付きタイプです。私の使用しているストッパーなしタイプは現在作られていないようで、こちらのストッパー付きタイプもオフィシャルの製品情報欄にないので、在庫限りかも…。フレームタイプはあるんだけどなぁ。

初めて修理に出した

去年2018年の10月、使い始めて約2年3ヶ月でとうとうキャスターが壊れました。

これだけ使ってるのだから仕方がないかなと思っていたし、保障の対象になるかなぁ…?と不安に思いつつ、アジア・ラゲージのお客様センターに問い合わせました。

すると商品名とどんな風に壊れたかを伝えただけで、シリアル番号を伝えたりもせずに『ご存知かと思いますが、そちらの商品は10年保障対象となっておりますので、無償で修理、また他も点検してメンテナンス致します』とのこと。

10年保障対象でした!!

しかもネットには修理には2,3週間かかると書かれていたのだけれど、「仕事で日々使用しているので、なるべく早めにお願いしたい」と伝えると、『なるべく早く出来るように致しますので、住所・お名前・電話番号を書いた紙をキャリーに入れていただきたいのですが、その紙にその旨も記載してください』とのこと。

言われた通りに紙に書いて中に入れて、発送。

梱包雑っ!

みなさんどうやって送るのか聞いたら、『そのまま送る人もいれば大きめのゴミ袋に入れて送る方もいます」との事だったので、ゴミ袋に包んで発送しました。

この自分が送る分の送料だけ自腹です。

ちなみに営業時間内(9:00〜18:00)であれば、アジア・ラゲージさん(東京・谷中)に直接持ち込みも可能みたいです。

3日後に戻って来た!

修理に出したのが10/2。そして戻って来たのが10/5。

帰って来て届いていた大きなダンボールを見て、え?まじ?と目を疑いました。

まじでした。

10/3に届いて修理して、10/4には発送してくれてますよね?これ。え?すごくない?

しかもキャスター4箇所、全取っ替えしてくれてます。

そしてこちらへ送る送料はアジア・ラゲージさん持ちです。

 

もうこの時点で私はアジア・ラゲージさんの大ファンになりました。

たまたま帰り道に取れてしまった車輪が落ちているのを発見して持ち帰っていたので、新品と比べてみたら、やはり2年以上使った分の劣化が見られますね。

 

その4ヶ月後、また壊れた…

修理から戻って来て、また日々愛用していたMyキャリー。

なんと今度は今年2019年1月末にまた壊れました…。え、こんなに早く壊れちゃうの?とも思いましたが、キャスターが壊れるのは経年劣化や通常損耗だけでないと思うので、まぁ仕方がないかなと。もしかしたら私の扱い方が雑だからかもしれないですし。(むしろその可能性が高い…?汗)

そして再度問い合わせて、10月にも修理をお願いした旨を申し出だところ、大変恐縮してくださって、今度はなんと2/14に出して2/16に戻って来ました。

もちろん、キャスター全取っ替え。

さらに今度はハンドル部分にもビニールが付いていたので。ハンドル部も新しくしてくれたり、ゴムだけ替えてくれたのかもしれません。いや、もしかしたら前回もそうだったのかも?

「商品送付ご案内」の紙は同封されているのだけど、どこを修理したとかの記載はないので、どこを修理メンテナンスしてくださっているのかは分かりません…。

 

ただ言えるのは、10年保障は伊達じゃなかったって事!

保障って色々言われて結局対象外にさせられるってイメージが私にはあったのです。それをアジア・ラゲージさんは覆してくれました。

谷中なので、次に修理をお願いするときは直接持参して、そのまま谷根千観光するのもいいかも?

 

保証書の必要はない

修理をお願いするに当たって、保証書などは提出していません。…というか、保証書ってあったのかな?汗

キャリー自体にシリアルナンバーが付いているので、購入時にいつ購入されたかがアジア・ラゲージさんに伝わるようになっているのかな?と思います。

 

2度目の修理の際に、一度修理に出したことを伝えて名前などを伝えると、その記録もきちんと残っていました。

だからきっと、あと7年はちゃんと保障対象なはず。

 

そんなわけで声を大にして、アジア・ラゲージさんのキャリーをオススメしたい!!

もちろん、10年保障対象外の商品もあるので、その点は要ご確認をお願いします。

 

なんならもうすでにストッパー付きに買い換えたいぐらいです、私は。爆

(そんなに余裕はない。涙)

コメント